【Unity】スプライトを1枚にまとめる簡易SpritePacker

UnityにはSpritePackerという、テクスチャをまとめる機能がすでについていますが、
Pro版でしか使えないことと、どうやらResourcesにあるとパックできないという問題もあるようなので、以前作っていた簡易SpritePackerを公開したいと思います。

なお、TexturePacker経由であればテラシュールウェアさんにて公開されております。

[Unity]TexturePackerで一つにまとめたテクスチャをUnity 2Dのスプライトで使う

使い方

こちらからDLしたunitypackageをインポートしてください。
SpritePacker.unitypackage

メニューのCSWTools/Sprite Packerをクリックして、Sprite Packerウィンドウを出します。SpritePacker-1

新規作成する場合はスプライトにまとめたいテクスチャを全てProjectビューから選択します。SpritePacker-2

すると、Sprite Packerにリストが出てきます。
SpritePacker-3

あとは名前をつけてCreateボタンを押せば、
Assetsフォルダ直下にまとまったテクスチャが保存されます。
SpritePacker-4
SpritePacker上のAtlasに選択されているのが生成されたテクスチャです。

すでにあるスプライトに追加/変更/削除する場合は、Atlasにスプライトテクスチャを指定後、
追加/変更したいテクスチャを選択したり、リストのDeleteボタンを押すなどしてください。
SpritePacker-5
最後にReplaceボタンをクリックすれば変更されます。

NGUIのAtlasMaker風になっておりますので、NGUI使いであれば特に悩まずに使えこなせるかと。

また、ピボットも維持したまま変更できるので、同じサイズのスプライトをあとで画像だけ置き換える時などにも使えると思います。

Unityのアセット販売中!

Arbor 3

ステートマシンの状態遷移やパラメータはエディタで編集でき、
ゲームロジックに依存するステートの挙動はスクリプトで記述可能なエディタ拡張。

詳細はこちら

Nostalgia 2

RPGツクールVXやWOLF RPGエディターのオートタイルに準拠したエディタ拡張。

詳細はこちら

オススメ!


Privacy Preference Center

Your Privacy

This site uses cookies to display contents and advertisements tailored to users, provide social media functions, measure advertisement impressions and clicks. We also gather information on users' site usage status and provide them to social media, advertisement distribution and data analysis partners. Each partner may use this information in combination with other information that the user provided to each partner or other information gathered when the user used the service of each partner.

Analytics, Ads