【開発日誌】1日目:どんなゲームを作ろうか【UnityでRTS作るお】

12月に入って今年も残りわずかとなりました。
このまま今年何もリリースできずに終わっていいものか・・・と感じ始めたので、
今月1ヶ月間でどれだけのものを作れるか、あわよくばそれをリリースできないか挑戦したいと思います。
ということで、毎日更新(予定)開発日誌1日目!はじまるよー!

なぜ開発日誌を書こうと思ったか

まずはじめに、ちょっとした決心などを・・

実は、企画が中途半端だったりして、何度目か分からないほどに企画内容を変えていまして・・・
技術検証としてUnityの使い勝手や各種サービスを触ってはいたものの、
上手い具合に開発サイクルが回り始めたことが今までありませんでした。

ゲーム開発は勢いだ!

Twitterかどこかで見ましたが、やはりゲーム開発には勢いも大事!
一人で作ってやる!と思って会社を飛び出した、あのときの勢いそのままでいっちょ作ったるか!
という感じで、1ヶ月という期限を切って1つ乗り切ってやろう、と思い至ったわけです。

また、このブログを見てくださっている中に、少人数開発に興味がある方も多いようなので、
自分自身の戒めも含めて、開発日誌というカタチで毎日書き残していこうと思います。
あとから読み返して、いろいろ不慣れながらよくやってたよなーと思えるように頑張ります!

というわけで、うをぉぉぉぉぉゲーム作るおおおおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉ!

作るもの

まずは、何を作るのかじっくり企画を立てて、面白い!と思えるものが必要です。
本当はもっと細かく決めてあるのですが、ここではざっくりとだけ紹介します。

  • ジャンルはRTS
  • Android向け
  • けもっこ同士の戦争
  • クォータービューのフィールド
  • ユニットに行き先やターゲットを指示すると、あとは自動で移動&攻撃
  • 拠点があってその拠点を奪い合う、いわゆるコンクエスト
  • 自軍拠点からユニットを出撃させることができる
  • 倒されたユニットは相手の捕虜になって、捕虜も一時的に自分のユニットとして出撃させることができる
  • 勝てば捕虜だったユニットの一部が仲間に、取られていたユニットも返ってくる
  • 負ければ相手に取られたユニットがロスト
  • ユニットにレベルはなく、パラメータの特性でゲームバランスを取る

開発メンバー

  • プログラマ兼デザイナ兼プランナー兼ディレクター兼プロデューサー兼しゃちょさん
    @LycoRadi

というか、一人で全部フルスクラッチで作れるわけないので、
アセットやサービスにお世話になってやっと成り立つ感じです

作り方

使えるツールやサービス、アセットはとことん使って時間短縮!

  • Unityフリー版を使用(インストール済み)
  • キャラはスプライトで、SpriteStudio for Indie使って自作(Indieライセンス申請中)
  • マップはTerrainと3Dモデルをアセットストアで購入
  • エフェクトもアセットストアで購入
  • appC cloudの広告と課金の機能で収益化(登録済み)
  • Kii Cloudでデータ管理(登録済み)
  • できればPhoton Cloudで対戦(未検証)
  • UIはNGUIを使用(購入済み)
  • Bitbucketでバージョン管理(構築済み)
  • Redmineで進捗管理(構築済み)

検証端末

  • Nexus7(2012)
    Android4.4
    比較的新しい端末での確認用
    メイン検証機
  • 005SH
    Android2.3
    2年以上前の端末
    普段使ってるスマホ(と言ってもメールくらい)
    3G接続や低スペックでの検証用

iPhoneやiPadにも興味はあるのですが、開発環境のMac含めて買うとなるとかなりの額になるので断念・・・

 

開発手順

期間が1ヶ月しかないので、何を優先して作っていくか決めておきます。

最低限のゲームサイクルを作ることを最優先とする

まずは1マップ、1キャラ、1ミッションだけ作り、そこにゲームシステムに必要な全要素を詰め込みます。
あとはメインメニューなど外堀を埋めて、ニューゲームからミッションを繰り返し遊べる状態までもって行きます。
UIもNGUIのサンプルにあるものをそのまま使ったりと、とにかく動くことだけを優先。
できれば今週中、遅くても来週中には完了したいですね。

リソースやゲームバランスは後回し

一通りゲームサイクルが組めてから、キャラは最低4体は欲しいとか、このキャラ強すぎるからどうのこうのと調整していきます。
まあキャラデザなどは途中途中の息抜きに挟んでいってもいいかもしれませんが、本格的にゲームに乗せるのはとにかく後回し。
ただ、ゲームの基本システムができたら、あとはとにかく量産なので、比重としてはコチラのほうが大きいはず。

最後に・・・

もしも今月中にある程度の目途が立たなければ、普通のサラリーマンプログラマーに戻ることも考え中です・・・
人間ってのは生きているだけで月十数万消えていく生き物ですから、結果失敗に終われば戻るしかないです。

そうならないように魂削ってでも努力あるのみっす!

Unityのアセット販売中!

Arbor 3

ステートマシンの状態遷移やパラメータはエディタで編集でき、
ゲームロジックに依存するステートの挙動はスクリプトで記述可能なエディタ拡張。

詳細はこちら

Nostalgia 2

RPGツクールVXやWOLF RPGエディターのオートタイルに準拠したエディタ拡張。

詳細はこちら

オススメ!


Privacy Preference Center

Your Privacy

This site uses cookies to display contents and advertisements tailored to users, provide social media functions, measure advertisement impressions and clicks. We also gather information on users' site usage status and provide them to social media, advertisement distribution and data analysis partners. Each partner may use this information in combination with other information that the user provided to each partner or other information gathered when the user used the service of each partner.

Analytics, Ads