[Unity]NGUI 2.6.1でダイナミックフォントを使う方法

Asset StoreにNGUI 2.6.1出てますね
いままでダイナミックフォント対応していた2.6.0はプロ版(NGUIの公式ページから$200で買える)のみだったのですが、これで通常版NGUIでも正式に使えるようになりました。

詳しい更新内容は、公式ページにて。
http://www.tasharen.com/forum/index.php?topic=11.msg19090#msg19090

ダイナミックフォントの使い方は簡単で、

  • TTFファイルをインポートしておく(ここではライセンス的に使い勝手の良いフリーフォント「梅フォント」をお借りしました)
    梅フォントはこちらから>http://sourceforge.jp/projects/ume-font/wiki/FrontPage
  • メニュー>NGUI>Open  the Font MakerをクリックしてFont Makerを起動。
  • Font MakerのTypeをDynamicに変更
    Font-Maker-Dynamic
  • TTFファイルをFont MakerのFont TTFにドラッグ&ドロップ
    Font-Maker-Dynamic_02
  • Font Sizeと装飾(通常、太字、イタリック、太字&イタリック)を設定
  • Font Nameを設定
  • Create the Fontをクリック

そんで、適当にLabelを置いて確認してみると
Font-Maker-Dynamic_03
このとおり!

なお、Font Makerに忠告が出ているとおり、他のアトラスとの結合が出来ず、フォントのみで描画処理はいるので、Zテストとかの関係で手前に出して配置してね。とのこと。
まあ、この辺はしかたないですね。

あと、フォント用マテリアルのシェーダーはいじれないっぽいですね。
別途マテリアル作って、UIFontのInspectorにあるMaterialに渡しても、ダイナミックフォント自体のマテリアルから変わらなかったです。
ただ、ちゃんとPanelのClippingにも対応されているので、よほど特殊なことをやろうとしない限り、マテリアル変えられないのも問題にならなそうですね。

NGUI2.6.1の登場で、ほぼフォント問題は解決したも同然!
これでますますUnity使いやすくなっていくぜ!

Unityのアセット販売中!

Arbor 3

ステートマシンの状態遷移やパラメータはエディタで編集でき、
ゲームロジックに依存するステートの挙動はスクリプトで記述可能なエディタ拡張。

詳細はこちら

Nostalgia 2

RPGツクールVXやWOLF RPGエディターのオートタイルに準拠したエディタ拡張。

詳細はこちら

オススメ!


Privacy Preference Center

Your Privacy

This site uses cookies to display contents and advertisements tailored to users, provide social media functions, measure advertisement impressions and clicks. We also gather information on users' site usage status and provide them to social media, advertisement distribution and data analysis partners. Each partner may use this information in combination with other information that the user provided to each partner or other information gathered when the user used the service of each partner.

Analytics, Ads