Nostalgia ver1.2.0更新!追加した新機能の紹介【Unity】

Unity用2Dマップエディタ『Nostalgia』をver1.2.0にアップデートしました!
今回は前回に比べて目玉となる機能追加も少ないですが、それでもさらに便利になったと思いますので紹介しますね。

新機能①:頂点カラーのペイント

各頂点に色付けすることでタイル画像を追加しなくてもちょっとした変化を付けられるようになりました。

※頂点とは、Meshを構成するデータで、座標やテクスチャの位置、色などが含まれています。
Nostalgiaではタイルを上下左右に4分割した半タイルの四隅に頂点を持っているため、半タイルごとの塗りつぶしなどができるようになっています。

VertexColorTest2

使い方

  • MapのInspectorにあるツールの右側ふたつ、ブラシツールと矩形ブラシツールで塗ることが出来ます。
  • 塗りたい色やブラシサイズを指定した後、シーンビューのタイル上でマウスの左ボタン押下で塗っていけます。
  • また、shiftキーを押している最中は、範囲内にある半タイルごとにベタ塗りできます。

もちろんメソッドも公開しておりますので、ゲーム中での変更も可能です。
建物の影を地面に落としたり、ちょっとした汚れを追加してみたり、デザインやゲームの幅が広がるかと思いますのでぜひ使ってみてくださいね。

新機能②:Sorting Layerウィンドウ

UnityにはSorting Layer(2Dスプライト用の重ねあわせ順)機能がありますが実際に重ね合わせ順の一覧などはなかったので対応してみました。

NostalgiaSS5

表示される対象は、Map、Sprite Renderer、前回ver 1.1.0で追加したSorting Layerコンポーネントの3種類です。

使い方

  • 表示するには、メニューの「Window > Sorting Layer」をクリックしてください。
  • Sorting Layer名と対象のGameObjectのリストが表示されます。
  • 各オブジェクトをクリックして選択(Hierarchyで選択するのと同じ機能)
  • チェックボックスはGameObjectのアクティブ切り替え
  • 有効アイコン(目っぽいの)は対象のRendererの有効切り替え

ただ一覧を表示するだけでなくプレビューが付きで選択できますので、Hierarychyよりも探しやすくなっております。
(いずれドラッグ&ドロップでのSorting Layer変更にも対応したいと思ってます)

タイルマップを直接使わない場合でも2Dゲームで役立つと思いますので、こちらもぜひ使ってみてください。


今後もNostalgiaは2Dタイルベースのゲームをより開発しやすく&ちょっとした遊び心も簡単に組み込める柔軟なアセットを目指して機能拡張していく予定です!
Unityで柔軟な2Dゲーム作りをしたいお方はぜひご検討ご購入のほどよろしくお願い致します!
AssetStoreへ!
マニュアルはこちら!
ご意見ご要望なども随時受け付けておりますので、なにかございましたら質問掲示板へ!

Unityのアセット販売中!

Arbor 3

ステートマシンの状態遷移やパラメータはエディタで編集でき、
ゲームロジックに依存するステートの挙動はスクリプトで記述可能なエディタ拡張。

詳細はこちら

Nostalgia 2

RPGツクールVXやWOLF RPGエディターのオートタイルに準拠したエディタ拡張。

詳細はこちら

オススメ!


Privacy Preference Center

Your Privacy

This site uses cookies to display contents and advertisements tailored to users, provide social media functions, measure advertisement impressions and clicks. We also gather information on users' site usage status and provide them to social media, advertisement distribution and data analysis partners. Each partner may use this information in combination with other information that the user provided to each partner or other information gathered when the user used the service of each partner.

Analytics, Ads