ParameterContainer

ParameterContainerはグラフ間でのデータ共有などを行うために使用するコンポーネントです。

GameObjectにParameterContainerを追加し、各種ある型のパラメータを設定します。

ParameterContainerの追加

GameObjectの作成

HierarchyのCreateボタンをクリックするか右クリックしたメニューの「Create」から、
「Arbor > ParameterContainer」を選択すると、ParameterContainerが追加された状態のGameObjectが作成できます。

GameObjectに追加

  • 適用したいGameObjectを選択。
  • 「メニュー > Component > Arbor > ParameterContainer」を選択 。
  • あるいはInspectorの「Add Componentボタン > Arbor > ParameterContainer」を選択。

ParameterContainerの編集

パラメータの追加

  • 「Parameters」の+ボタンをクリック。
    追加したい型を選択。

パラメータの編集

  • 名前、値を選択し編集。

パラメータの削除

  • パラメータを選択し、-ボタンをクリック。

パラメータの検索

  • 検索バーに名前を入力して検索。
    また検索タイプを選択することでタイプごとのフィルタリングができる。

パラメータの種類

種類 Inspector 説明
Int
符号付き32bit整数
Long
符号付き64bit整数
Float
符号付き32bit浮動小数点数
Bool
ブール
String
文字列
Enum
enum型(型指定可能)
Vector2
2次元ベクトル
Vector3
3次元ベクトル
Quaternion
4元数
Rect
2次元の矩形
Bounds
3次元空間の範囲
Color
GameObject
GameObjectの参照
Transform
Transformコンポーネントの参照
RectTransform
RectTransformコンポーネントの参照
Rigidbody
Rigidbodyコンポーネントの参照
Rigidbody2D
Rigidbody2Dコンポーネントの参照
Component
コンポーネントの参照(型指定可能)
Variable 自作可能なパラメータ型

Variableについて

Variableを使用するとパラメータを自作することができます。

詳しくは、「スクリプティング : Variable」を参照してください。

スクリプティング : Variable

パラメータへのアクセス

アクセスノードの作成

パラメータをグラフビューにドラッグ&ドロップすることで、アクセスノードを作成できます。

  • パラメータのドラッグエリアをドラッグ
  • グラフビューの作成したい位置でドロップ。
  • メニューから、GetかSetを選択。
    (Setノードの場合は、各種グラフの実行ノードが作成されます。作成したら実行されるように接続してください。)

スクリプトからのアクセス

自作のスクリプトからパラメータを参照できます。

詳しくは、「スクリプティング : パラメータの参照」を参照してください。

スクリプティング : パラメータの参照

GlobalParameterContainerについて

GlobalParameterContainerはシーンを変更しても保持しておきたいパラメータがある場合に使用するコンポーネントです。

GlobalParameterContainerの追加

  • 適用したいGameObjectを選択。 「メニュー > Component > Arbor > GlobalParameterContainer」を選択 。
  • あるいはInspectorの「Add Componentボタン > Arbor > GlobalParameterContainer」を選択。
  • また、HierarchyのCreateボタン「Arbor > GlobalParameterContainer」からGlobalParameterContainerがアタッチされた状態のGameObjectが作成できる。

GlobalParameterContainerの設定

  • あらかじめシーン間で共有したいパラメータを設定したParameterContainerを作成し、Prefab化。
  • GlobalParameterContainerが追加されているGameObjectを選択。
    InspectorのPrefabに作成しておいたParameterContainerのPrefabを指定。

GlobalParameterContainer経由でパラメータを参照

ParameterReferenceのContainerフィールドにGlobalParameterContainerを指定するとパラメータが参照できるようになります。

関連する組み込みスクリプト

ここでは主にParameterContainerを参照する組み込みスクリプトを一部紹介します。

StateBehaviour

スクリプト 説明
CalcParameter Parameterの値を演算して変更する。
SetBoolParameterFromUIToggle Toggleの値をParameterに設定する。
SetFloatParameterFromUISlider Sliderの値をParameterに設定する。
ParameterTransition Parameterの値を判定して遷移する。

Decorator

スクリプト 説明
ParameterCheck Parameterのチェック
ParameterConditionalLoop Parameterの条件によるループ。

他にも、FlexibleFieldを使用して値を取得する組み込みスクリプトが多数ありますのでリファレンスを参照してみてください。

Arborリファレンス